GermanyUSACanadaUKFranceEspanaItaliaNederlandsIndiaJapanChina
Logo 日本

登録 | ログイン 

テレビ Logicool Anywhere Mouse MX (Wireless Mouse, USB)

入力 / 出力 罗技(Logicool), 鼠标, USB, ワイヤレス

テレビ Logicool Anywhere Mouse MX (Wireless Mouse, USB)
Linuxの互換性: 唯一のLinux互換性は、製品の一般的な品質は、このページ上に存在しないと評価されています。あなたがLinuxで、本製品を使用する場合は、それを評価し、他のLinuxユーザをサポートするために、このページ(下)のコメント領域であなたの経験を共有してください。
4 投票, 平均: 4.5 最大のうち 54 投票, 平均: 4.5 最大のうち 54 投票, 平均: 4.5 最大のうち 54 投票, 平均: 4.5 最大のうち 54 投票, 平均: 4.5 最大のうち 5
  ( 4.5 とともに 4 評価)

カテゴリ:

価格動向
テレビ Logicool Anywhere Mouse MX 
-
Minimum: ¥ 0 
Maximum: ¥ 6,450  
更新: 09/11/2016 15:47

Linuxの互換性の検討

The Logitech Anywhere Mouse MX is a wireless mouse that is connected to the PC via connecting the included Logitech Unifying Receiver to an USB port.

Bus 004 Device 003: ID 046d:c52b Logitech, Inc. Unifying Receiver

The mouse is supported by Linux, however, there is a bug in the Kernel module hid_logitech_dj that can cause problems of the mouse together with some kernel versions (e.g. Kernel 3.7.2, Ubuntu 12.04, Ubuntu 12.10, Fedora 18).

If the mouse is fully supported the following output can be found in the log files of the Linux system:

usb 2-1.2: Manufacturer: Logitech
logitech-djreceiver 0003:046D:C52B.000D: hiddev0,hidraw0: USB HID v1.11 Device [Logitech USB Receiver] on usb-0000:00:1d.0-1.2/input2
input: Logitech Unifying Device. Wireless PID:1017 as /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1.2/2-1.2:1.2/0003:046D:C52B.000D/input/input21
logitech-djdevice 0003:046D:C52B.000E: input,hidraw1: USB HID v1.11 Mouse [Logitech Unifying Device. Wireless PID:1017] on usb-0000:00:1d.0-1.2:1

If a buggy kernel module is used the following error message is found instead:

usb 3-2: Product: USB Receiver
usb 3-2: Manufacturer: Logitech
logitech-djreceiver 0003:046D:C52B.0009: hiddev0,hidraw0: USB HID v1.11 Device [Logitech USB Receiver] on usb-0000:00:14.0-2/input2
logitech-djreceiver 0003:046D:C52B.0009: logi_dj_probe:logi_dj_recv_query_paired_devices error:-32
logitech-djreceiver: probe of 0003:046D:C52B.0009 failed with error -32

As a remedy the following script can be used which automatically loads the kernel module hid_logitech_dj. The script should be created under the file name /usr/bin/mousefix

#!/bin/bash

# loop up to 10 times trying to fix the mouse insertion
for i in {1..10}
do

  # exit the script if there was no mouse error
  if [ `dmesg | grep "logitech-djreceiver" | tail -1 | grep -c "failed with error -32"` -eq 0 ]; then
    echo "No logitech receiver error...exiting" ;
    exit 0 ;
  else
    # try to reload the mouse driver
    echo `date`" Error detected, trying reload of logitech hid driver" ;
    rmmod hid_logitech_dj ;
    modprobe hid_logitech_dj ;
    sleep 1 ;
  fi

In order to make the script /usr/bin/mousefix executable, the file mode has to be changed:

chmod +x /usr/bin/mousefix

To have the script started automatically each time the Logitech Anywhere Mouse MX is plugged in, a udev rule will be used. For this reason, the file /etc/udev/rules.d/10-local.rules with the followin content is necessary:

SUBSYSTEMS=="usb", DRIVERS=="usb", ATTRS{manufacturer}=="Logitech", ATTRS{product}=="USB Receiver", ACTION=="add", RUN+="/usr/bin/mousefix"

Special Buttons

It is possible to bind the special buttons of the mouse to certain actions. This can be achieved by a combination of the tools xev and xbinkeys. The tools can be installed under Ubuntu with the following command:

sudo apt-get install xev xbindkeys

The configuration of the button events is carried out by the file “~/.xbindkeysrc”, e.g.:

"/usr/bin/xvkbd -xsendevent -text "\[Alt_L]\[Left]""
   m:0x0 + b:8

"/usr/bin/xvkbd -xsendevent -text "\[Alt_L]\[Right]""
  m:0x0 + b:9

which binds the key combinations Alt+”Arrow left” and Alt+”Arrow right” to the buttons 8 and 9, respectively.


特定されたハードウェア構成 (1 結果)

このハードウェア・コンポーネントは、次のシステム構成の下でLinuxユーザーによって使用されました。これらの結果は、私たちによって回収し ツールをスキャン :
分布
カーネルのバージョン
考課
スキャン日付
Debian GNU/Linux 8.5 (jessie) 3.16.0-4-686-pae  「ユーザーは、このハードウェアのセットアップについては、以下の評価を与えました: 5 最大のうち 5 「ユーザーは、このハードウェアのセットアップについては、以下の評価を与えました: 5 最大のうち 5 「ユーザーは、このハードウェアのセットアップについては、以下の評価を与えました: 5 最大のうち 5 「ユーザーは、このハードウェアのセットアップについては、以下の評価を与えました: 5 最大のうち 5 「ユーザーは、このハードウェアのセットアップについては、以下の評価を与えました: 5 最大のうち 5 01/08/2016

同じようなLinuxのハードウェア

scroll left scroll right

 注釈

記事の訂正を提出するだけでなく、の lspci -nnv, lsusb, lshw, dmesgなどの関連抜粋するコメントセクションを使用してください さらに、このハードウェアコンポーネントまたはこのハードウェアの他の所有者からの構成のヘルプを検索すると経験の交換のためのセクションを使用します。
 

メールアドレスが公開されることはありません。.

レートLinux互換


以下を使用 HTML タグと属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


許可されているファイルの種類: txt, jpg, png, gif, 最大ファイル·サイズ : 2MB.