GermanyUSACanadaUKFranceEspanaItaliaNederlandsIndiaJapanChina
Logo 日本

登録 | ログイン 

Digital Devices Cine S2 V6 (PCIe, Dual DVB-S2)

マルチメディア Digital Devices, DVB-S, PCIe, テレビ

Digital Devices Cine S2 V6 (PCIe, Dual DVB-S2)
Linuxの互換性: 唯一のLinux互換性は、製品の一般的な品質は、このページ上に存在しないと評価されています。あなたがLinuxで、本製品を使用する場合は、それを評価し、他のLinuxユーザをサポートするために、このページ(下)のコメント領域であなたの経験を共有してください。
2 投票, 平均: 5.0 最大のうち 52 投票, 平均: 5.0 最大のうち 52 投票, 平均: 5.0 最大のうち 52 投票, 平均: 5.0 最大のうち 52 投票, 平均: 5.0 最大のうち 5
  ( 5 とともに 2 評価)


価格動向
Digital Devices Cine S2 V6 
-
Minimum: ¥ 0 
Maximum: ¥ 0  
更新: 14/08/2015 10:21

Linuxの互換性の検討

The DVB-S2 PCI-Express card Cine S2 V6 from Digital Devices is supported by Linux since kernel 3.1. The card has the PCI ID dd01:0003 and is recognized by Linux as “Multimedia controller”, and therefore can easily be missed in the output of lspci:

02:00.0 Multimedia controller: Device dd01:0003

The card uses the kernel module ddbridge and is initialized by the kernel in the following way :

DDBridge 0000:04:00.0: PCI INT A -> GSI 16 (level, low) -> IRQ 16
DDBridge driver detected: Digital Devices Cine S2 V6 DVB adapter
DVB: registering new adapter (DDBridge)
DVB: registering new adapter (DDBridge)

If the kernel modules ddbridge and dvb_core have been loaded the two DVB-S2 tuners of the cards are available. The following additional devices are available at the Linux system:

/dev/ddbridge/card0
/dev/dvb/adapter0
/dev/dvb/adapter1

Manufacturer specifications can be found at http://digitaldevices.de/Cine_S2.html.


同じようなLinuxのハードウェア

scroll left scroll right

 注釈

記事の訂正を提出するだけでなく、の lspci -nnv, lsusb, lshw, dmesgなどの関連抜粋するコメントセクションを使用してください さらに、このハードウェアコンポーネントまたはこのハードウェアの他の所有者からの構成のヘルプを検索すると経験の交換のためのセクションを使用します。
 

メールアドレスが公開されることはありません。.

レートLinux互換


以下を使用 HTML タグと属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


許可されているファイルの種類: txt, jpg, png, gif, 最大ファイル·サイズ : 2MB.